PR

【小樽雪あかりの路2024】日程はいつまで?会場はどこ?魅力も紹介!

スポンサーリンク
札幌・小樽

小樽雪あかりの路がキレイで幻想的って言われてるみたいだけど、どうなんだろう?会場がどこなのかも知りたいな。

小樽と言えば「小樽運河」を連想しますが、その運河が1年の中で最もキレイに映えるのが、「小樽雪あかりの路」が開催されるときです。

「スノーキャンドル」や運河を流れる「浮き玉キャンドル」など、幻想的な雰囲気が人気となり、50万人ほどの人が集まる一大イベントとなりました。

すでに2024年の日程がすでに発表されており、昨年と同じ8日間開催されることが決まっています。

keimei
keimei

会場は市内各地に点在しており、小樽運河をはじめ、旧国鉄手宮線や天狗山、朝里川温泉も会場となる予定です。

このページでは、冬のおすすめイベントのひとつである「小樽雪あかりの路」の概要をご紹介します!

こんな人におすすめ

・2024年の小樽雪あかりの路の日程について知りたい
・小樽雪あかりの路の会場がどこなのか知りたい
・小樽雪あかりの路の見どころや魅力を知りたい

スポンサーリンク

2024年小樽雪あかりの路の日程はいつ?

2024年の小樽雪あかりの路の日程は、

2024年2月10日(土)~2月17日(土)の8日間

と小樽雪あかりの路ホームページで発表されています。

昨年は2月11日から2月18日までの8日間でしたので、ほぼ同じ日程となっていますね。

小樽雪あかりの路の開催時間は?

小樽雪あかりの路の開催時間は、17時から21時まで。

17時前にろうそくに灯がともされはじめ、あたりが柔らかな光に包まれます。21時を過ぎると、防火上の安全を期すため、ろうそくの火は順次消されて回収されます。

小樽雪あかりの路の会場・場所はどこ?

「小樽運河」「旧手宮線」がメイン会場となり、運河近くの「小樽芸術村」と郊外の「天狗山」が準メイン会場。

この他に朝里川温泉や塩谷地区、小樽市内の商店街などでもスノーキャンドルやオブジェなどが飾られます。

参考:2023年小樽雪あかりの路アクセスマップ(小樽雪あかりの路HP より)

小樽運河(メイン会場)

雪あかりの路のメイン会場となる小樽運河。この場所では、

①浮き玉キャンドル(浅草橋~中央橋)
②ワックスボウル製作体験(公式グッズ販売店で購入も可)
③メッセージキャンドルの作成(運河会場内で購入・
200円
④北運河雪あかり横丁(屋台)

が楽しめます。

keimei
keimei

約400個の浮き玉キャンドルはこのイベントの醍醐味!来場した皆さんにおすすめします!

keimei
keimei

北運河雪あかり横丁では屋台が並ぶため、こちらで夕食をとるものいいかも!

旧手宮線(メイン会場)

もう一つのメイン会場となっているのが、旧国鉄手宮線跡を活用した会場。こちらでは、

①ウェルカムボード
②スノーオブジェ(雪像)
③ワックスボウルの灯り

が体験できます。

小樽芸術村(準メイン会場)

小樽運河会場や旧手宮線会場から近いこちらの会場では、

①スノー滑り台
②温かい飲み物の配布

があります。

keimei
keimei

滑り台で遊ぶことができるので、親子連れの方はこちらがおすすめ!

天狗山(準メイン会場)

小樽市街地からバスでアクセスできる天狗山会場。こちらでは、

①雪のハートのオブジェ
小樽市街の夜景
③メッセージキャンドルの作成(天狗山山頂駅売店で購入・
200円

を体験できます。

keimei
keimei

小樽市街地からバスとロープウェイを乗り継ぐ必要がありますが、雪が降っていなければ絶景が広がります!

小樽雪あかりの路の見どころ・魅力は?

冬になると各地でイルミネーションのイベントが開催されますが、ろうそくの明かりはまた格別。キラキラしたネオンとは対照的で、やさしく包みこむ幻想的な雰囲気が人気です。

①12万本のろうそくを使用

この「小樽雪あかりの路」は、8日間で約12万本ものろうそくを使って明かりを照らしているのが見どころのひとつ。

スノーキャンドルやオブジェも、ボランティアの方々がすべて手作りしているのも魅力ですね。

②メッセージキャンドル

小樽運河会場と天狗山会場では、1個200円でメッセージが書き込めるキャンドルを購入可能。

願い事を書いてキャンドルに灯をともせば、願い事がかなうかも?

③ワックスボウル製作体験

小樽運河会場では、ワックスボウルを作る体験もできます(1個1000円)。

もちろんお持ち帰り可能。自分のオリジナルのボウルを作れば、良い思い出になりますね。

④夜景とのコラボレーション

天狗山会場では街の夜景が、小樽運河会場ではガス灯の灯りがろうそくの灯とコラボレーション。

特に天狗山会場では、ハート型のろうそくで囲まれたオブジェがあるので、カップルに最適。

小樽雪あかりの路の会場付近のおすすめホテル

小樽・余市ゆき物語の会場付近で宿泊するなら、以下のホテルがおすすめ!

運河の宿 小樽ふる川

小樽運河の向かいにある、客室からの眺めが評判のホテルです。目の前が小樽運河のため、観光には最適。

朝食、夕食ともにこだわりの食材を使用した料理を提供し、ラウンジでは無料のコーヒーサーバーを利用できるなど、おもてなしも充実。

風呂は天然温泉かつ露天風呂も備えており、設備、立地ともに文句なしのホテル。

Unwind HOTEL&BAR 小樽

小樽運河と飲食店街の間に位置するホテルで、観光で街中を歩くには最適。

小樽の街に合うレトロな外装で、ノスタルジックな雰囲気であるにもかかわらず、中身は非常におしゃれなホテル。

また、ホテル名にもあるとおりバーが併設されており、夕刻のワインサービスがあるなど、こちらの評価も高い。

ホテル・トリフィート小樽運河

小樽運河と小樽駅の間に位置し、小樽観光に便利なホテル。

2018年4月にオープンした比較的新しいホテルで、客室に清潔感があり、船のキャビンをイメージした室内はおしゃれと高評価。

ドーミーインPREMIUM小樽

小樽駅の目の前にある共立リゾートグループのホテル。

ドーミーインと言えば天然温泉だが、もちろんこちらのホテルにも天然温泉が備え付けられており、定番の「夜鳴きそば」もある。

料金がそれほど高くなく、JR小樽駅から徒歩1~2分で行けるため、JRの利用者やホテルにそれほどお金をかけてたくない人におすすめ。

小樽雪あかりの路に関連するQ&A

小樽雪あかりの路に関連するQ&Aはこちらから!

小樽雪あかりの路2024年の日程は?

小樽雪あかりの路(2024年)の日程は、2024年2月10日(土)~2月17日(土)の8日間です。

小樽雪あかりの路2024の開催時間は?

小樽雪あかりの路(2024年)の開催時間は、17時から21時までです。

小樽雪あかりの路2024の会場はどこですか?

小樽雪あかりの路(2024年)の会場は、メイン会場が「小樽運河」「旧手宮線」運河近くの「小樽芸術村」と郊外の「天狗山」が準メイン会場となります。

keimei
keimei

小樽雪あかりの路の会場は、こちらに詳細情報があります!

まとめ

ここでは、2024年小樽雪あかりの路の日程や会場、魅力についてご紹介しました。

Point

●2024年の小樽雪あかりの路は2月10日(土)~17日(土)まで!
●メイン会場は小樽運河と旧手宮線、準メイン会場は小樽芸術村と天狗山!
●小樽雪あかりの路の一番の魅力は、12万本のろうそくの灯!

焚火やキャンドルの灯を見ると落ち着くと言いますよね。明るすぎる照明ではなく、ろうそくの灯で作られる幻想的な世界を楽しんでみてください!

コメント

  1. […] 北海道が好き・旅行が好き・イベントやお祭りが好きな方へ。北海道内の観光施設やイベントに関して、執筆していただける方を募集しています!ライター経験やライティングスキルが無くても大丈夫。こちらでテンプレートを用意し、記事作成方法もお教えします。・北海道が好き・旅行が趣味・ライティングスキルを磨きたい・マニュアルがあると安心・在宅で稼ぎたいそんな方には特にオススメです。あなたが好きなことや持っている知識を生かして、お仕事をしてみませんか?※応募時は、本依頼下部に記載している質問事項に回答をお願い致します。【お仕事の概要】・作成記事のテーマ:北海道内の観光施設やイベントに関する記事・記事の文字数:1記事あたり1500文字~2000文字・記事数:3記事・画像選定:指定なし※記事の執筆はWordPressを使用していただきます。※ワーカー様とのやり取りはChatworkを使用します。※記事の文字数が多くなる分については構いません。【お仕事の進め方】・こちらで指定する記事タイトル・見出しに沿って、ワーカー様の体験や知識、インターネットから情報収集。・テンプレート記事を参考に、WordPressでご自身の文章で記事作成。・記事作成後、WordPressにアップロード(下書き)して納品。※テンプレート記事・WordPress操作方法については、ひな型や説明動画を用意しています。※ご契約後に、WordPressのアカウントをご用意致します。※他社のWebページの文章、AIによる文章の使用が判明した場合には報酬はお支払い致しかねます。【記事のタイトルイメージ】・ 【旭山動物園】入園料・チケットの割引クーポンやコンビニ前売り券のお得度ランキング ・ 【定山渓雪灯路2024】日程はいつから?宿泊者は無料?駐車場やシャトルバスは? ※上記のようなイメージの記事を3記事分執筆していただきます。※タイトルや見出しはこちらでご用意しますので、そちらに沿って執筆いただければ大丈夫です。※1記事あたり1500~2000文字程度、ご自身の文章で記事を作成してください。【参考イメージ記事】・https://mile-traveler.net/otaru-yukiakari-9089・https://mile-traveler.net/sakura-shinhidaka-7786【報酬】1記事あたり500円(税込)※見積もり額「1500円」(=500円 × 3記事)でお願い致します。※源泉徴収は「無し」に設定してください。※報酬からシステム利用料を差し引いた金額が、ワーカー様の受取金額となります。【納期】3記事を発注日から原則1週間で納品していただきます。※作業可能な曜日などによって納期を守ることが難しい場合は、遠慮なくご相談ください。配慮させていただきます。【応募時のお願い】応募時に下記の質問の回答をお願い致します。①簡単な自己紹介/ライティング経験の有無など②過去のポートフォリオ(過去執筆した記事のURLなど)③3記事を何日ほどで納品できるか④Chatworkでのやり取りは可能か【注意事項】・執筆いただいた文章に無断コピー&ペーストが判明した場合、その分の記事の報酬はお支払い致しかねます。・納品記事の二次利用は禁止させていただきます。・作成していただいた記事は、依頼者側で適宜修正させて頂くことがございます。・専用の記事作成画面にログインして記事を執筆いただきますので、PCで作業できることが必須となります。ここまでお読み頂き、ありがとうございます!一緒に楽しくステキなメディアを作ってみませんか?たくさんのご応募をお待ちしています! […]