PR

【旭岳ロープウェイ】2023年紅葉シーズンの駐車場や服装・割引情報は?

自然

日本一早い紅葉が見られる旭岳に行きたいが、どうやって行けばいいんだろう?駐車場や割引の情報があれば知りたい。

北海道で最も高い山であり、標高2,291mを誇る大雪山系・旭岳。9月になるとニュースで「日本一早い紅葉」と紹介されることもあり、全国的にも有名な火山です。山肌に燃えるような赤が点々と色づく様は、まるで水彩画のように映ります。

keimei
keimei

紅葉が8月下旬から10月上旬にかけてゆっくりと山を下りてくるので、その間に行けばどこかできっと絶景が見られるはず。

「そんな景色を見てみたいけど、どうやって行ったらいいの?」「有名な観光スポットだから、混雑しないかが心配…」と思ったあなたような人向けに、旭岳ロープウェイを徹底調査したページを作りました!

昨年、今年と2年連続でピークの9月に旭岳の紅葉狩りに行った私が、ロープウェイの駐車場から割引情報まで、初めての人でもわかるようにじっくり解説していきます!

こんな人におすすめ

・旭岳の紅葉を見に行く予定がある
・旭岳の紅葉のベストシーズンを知りたい
・旭岳ロープウェイ駐車場の混雑状況について知りたい

旭岳の紅葉を見るならいつ頃がいい?どういった服装が最適?

旭岳の紅葉は例年8月下旬から始まりますが、多くの人が訪れる「姿見の池」周辺は9月上旬あたりから葉が赤く染まり始めます。2020年は9月20日頃がピーク、2021年はやや早く9月15日頃がピークとなりました。なので、9月中旬が紅葉にベストな時期と言えます。

ただし姿見の池の標高が約1,600m、麓の旭岳ロープウェイ山麓駅は1,100mですので、山麓駅周辺なら10月上旬あたりまで紅葉を楽しむことができます。もしかすると、旭岳の雪化粧と紅葉のコラボレーションを見ることができるかもしれません。

また、紅葉の時期の姿見の池周辺の朝の気温は10℃前後。長袖、長ズボンに加えて風を通さないナイロン製の上着などがあった方がいいでしょう。ただし、晴れていると昼に近づくにつれて急激に気温が上がるので、着脱しやすい服装がベターです。

keimei
keimei

旭岳の紅葉の様子は、大雪山旭岳ロープウェイのライブカメラから見ることができます。お出かけする前に現地の天気をチェックしておきましょう!

日本一早い紅葉を見るには旭岳ロープウェイを利用

読者
読者

どうして旭岳で日本一早い紅葉を見ることができるの?

keimei
keimei

ロープウェイで標高1,590mまで上ることができるからです!

旭岳の紅葉を見るには、旭岳ロープウェイを利用するのが王道。ロープウェイは山麓駅から乗ることができます。

旭岳ロープウェイ「山麓駅」までのアクセス

車で山麓駅に行く場合には、アクセス道路である道道1160号線を東川町の市街地から山麓駅までひたすら上っていきます。9月は霧がかかりやすいので、早朝に運転する場合は注意しましょう。

Information

【旭岳ロープウェイのアクセス方法・運行時間・料金】
●住所:〒071-1472 北海道上川郡東川町旭岳温泉
●アクセス:
 東川市街地から車で約35分(道道1160号線を東へ約30km)
 旭川市街地から車で約1時間(道道1160号線を南東へ約45km)
●駐車場:山麓駅周辺に3か所あり(一部有料)
●運行時間:平日  6:30~17:30
      土日祝 6:00~17:30 (山麓駅は5:45からopen)
●運行間隔:山麓駅発 毎時0分、20分、40分(混雑時は折り返し運転)
●料金:大人 往復3,200円 片道2,000円(6月1日~10月20日)
    小人 往復2,200円 片道1,300円 (  〃  )
    大人 往復2,200円 片道1,300円(10月21日~5月31日)
    小人 往復1,500円 片道900円  (  〃  )
※クレジットカードは「VISA」、「Master」のみ使用可
※犬などのペットはロープウェイに乗ることはできません

keimei
keimei

運行時間が平日と休日で異なっている点に要注意。また、料金もトップシーズンだと大人で1,000円跳ね上がります。時間とお金、双方を気にかける必要がありますね。

旭岳ロープウェイの料金割引情報

ピーク時には料金がかなり高額となります。一人だけならまだしも、家族で行くとなると少しでも安くしたいですよね。気になったので、ロープウェイの割引クーポンなどがないか探してみました。

Information

【旭岳ロープウェイ割引情報】
●障がい者割引
●YOU’s旅達PASSの提示(北海道ユースホステル協会発行)
●旭岳温泉周辺ホテルの割引券付きプラン
※以前はじゃらんで割引クーポンがあったが現在は提供なし
※2020年は「道民割引」があったが2021年は実施予定なし
※ローソンなどコンビニによる割引券の提供はなし

keimei
keimei

残念ながら、誰もが使える割引情報は見当たりませんでした。割引しなくても十分集客できているようなので、しばらくは割引クーポンなどの提供はなさそうですね。

山麓駅の駐車場は渋滞、混雑必至!朝一を狙え!

紅葉がピークとなる9月中旬~下旬の休日は、紅葉を見に行く人や旭岳へ登山に向かう人でものすごく混雑します。実際、私はシルバーウィークの真っただ中に行きましたが、朝6時前から大勢の人がロープウェイ出発駅の山麓駅にいてビックリ!!長蛇の列ができていました…。

読者
読者

そんなに並ぶのなら、駐車場が満車にならないか心配…

keimei
keimei

山麓駅周辺には駐車場が3つあります!それぞれの特徴を紹介するよ!

旭岳ロープウェイ駐車場

150台ほどの駐車できるスペースが確保されている駅前駐車場。駅までのアクセスは良好ですが、駐車場料金は有料(普通車500円)となっています。手前に無料の駐車場が存在しますが、坂道を上る必要がありますので、体力に自信のない方や子連れの方はお金を払ってでもこちらに止めたほうがいいと思いますね。

Point

【旭岳ロープウェイ駐車場はこんな方にオススメ!】
●体力に不安がある等、歩くことに自信のない方
●小さい子どもを連れていく方
●駐車場代に500円程度なら払ってもいいという方

旭岳ビジターセンター駐車場

旭岳ロープウェイ駐車場からわずか100m下ったところにあるビジターセンターの駐車場。なんとここは無料で駐車することができます。駅から近く無料であるため、この駐車場が最も早く満車になってしまうようです。

keimei
keimei

私が紅葉真っ盛りの休日に行ったときには、午前5時45分の時点ですでに満車でした…。この駐車場に止めるためにはそれよりも早く来る必要がありますね。

Point

【旭岳ビジターセンター駐車場はこんな方にオススメ!】
●早起きすることに抵抗のない方
●駐車場にお金をかけたくない方
●登山装備等の荷物が多い方

無料駐車場(ラビスタ大雪山の東側)

ビジターセンターの駐車場が満車の場合に第二候補となる無料駐車場。ホテル「ラビスタ大雪山」の奥にあり、バス停「キャンプ場前」が駐車場入口付近にあります。「無料駐車場」と看板が出ているので注意していれば気づく範疇ですが、初見だと少しわかりづらいかもしれません。

ただし、山麓駅までは約600mの坂を上らなければいけないので、足腰に自信がない方は有料駐車場に駐車したほうがいいですね。「それくらいだったら歩けるよ」という方には問題なくオススメできますが、混雑のピーク時は午前6時までに到着していないと満車になっている可能性が高いので、早め早めの行動が必要ですね。

keimei
keimei

私がシルバーウィークに行った際にはこの駐車場を利用しました。カメラ機材等の荷物がそれなりにあったのですが、約10分程度歩いて山麓駅に到着しましたよ。

Point

 【無料駐車場(ラビスタ大雪山の東側)はこんな方にオススメ!】
●早起きすることに抵抗のない方
●駐車場にお金をかけたくない方
●ビジターセンター駐車場に入れなかった方

駐車場待ちをする車の列

上の写真は、私が9時半頃に無料駐車場まで戻ってきたときに撮ったもの。駐車場待ちをする車がズラッと並んでいます。やはり朝一で到着しておく方が時間も有効に使えますね。

keimei
keimei

この列が2~3km続いていたので、おそらく駐車場に入るまで数時間ほどかかっていたと考えられます。中にはあきらめて引き返す人もいました…。

山麓駅・姿見駅の様子は?売店などはある?

山麓駅に着いたら、まずチケットを購入しましょう。チケット売り場は2階にあり、入り口横の階段上がると売り場が見えてきます。もちろんここでも並ぶことになりますが…焦らずに。

チケットを購入してもまだまだ行列は続きます。朝一から並んだ私がロープウェイに乗れたのは6時30分頃。30分以上並んでいたのですね。

上の写真がロープウェイ乗車中の景色。山頂に近づくにつれて、だんだんと赤や黄色に色づいた葉が多くなってくるのがわかります。

keimei
keimei

紅葉の時期は霧がかかるが多いので、運が良ければ雲海が見られるかも!

旭岳ロープウェイの山麓駅、姿見駅ともに売店やトイレは完備されています。お土産を買うことはもちろん、山麓駅には軽食コーナーに加えてレストラン、姿見駅には軽食コーナーのみが設けられており(上写真)、昼食をこちらでとることもできますよ。

keimei
keimei

なかでも人気のなのが限定の「お山のコロッケ」(290円)。地元産のジャガイモや玉ねぎを使ったコロッケは、旭岳を見ながら食べると最高に美味しい!

Information

【山麓駅売店】
●場所:ロープウェイ山麓駅1階
●営業時間:ロープウェイ上り始発~17:15
●販売商品:オリジナルグッズ、お土産、軽食(コロッケ、いももち、コーヒー等)
●電話番号:0166-68-9114
【山麓駅姿見食堂】
●場所:ロープウェイ山麓駅2階
●営業時間:11:00~15:30(ラストオーダー 15:00)
●販売商品:ラーメン、そば、うどん、カレー、カツ丼等
●電話番号:0166-68-9109
【姿見駅売店】
●場所:ロープウェイ姿見駅内
●営業時間:ロープウェイ上り始発~下り最終15分前まで
●販売商品:オリジナルグッズ、お土産、軽食(コロッケ、いももち、コーヒー等)
●電話番号:0166-68-9111
※モンベル会員の方は、軽食コーナーで10%の割引特典を利用可能

旭岳の観光名所、姿見の池散策コースを紹介!

山麓駅から10分の空中散歩を終えると姿見駅に到着。そこから姿見の池までは周回コース(1周1.7km)となっているので、2通りの行き方があります。1つは第1展望台や鏡池などを経由する大回りコース、もう一つは直接姿見の池まで行くショートカットコースです。

keimei
keimei

姿見の池と旭岳をセットで写真に収めたいならば、ショートカットコースをおすすめします!

ショートカットをおすすめする理由は、気温が上がるにつれて旭岳山頂が雲に隠れてしまうから。朝方に発生した霧が雲となってどんどん上昇し、次第に山を覆ってしまうのです。

keimei
keimei

私が行った時も、朝一で見えていた旭岳が帰ろうとしていた9時頃にはすでに雲の中でした…。

姿見駅から姿見の池までは約700m。とはいっても足元にはゴロゴロと石が転がっていたり、ぬかるんでいたりと歩きづらいところもあるので油断は禁物。できれば靴底が厚く、滑りにくいトレッキングシューズで行くことをオススメします。

keimei
keimei

サンダルで来てしまった!という方は、姿見駅でレンタル長靴を用意しているのでスタッフに相談してみましょう。(さすがにサンダルはいないか…)

紅葉の時期には、高山植物のチングルマの綿毛が一面に広がっています。特にショートカットコースのあたりに群生しているので観察してみてくださいね。このほかにエゾオヤマノリンドウ、ミヤマリンドウなども見ることができますよ。

運がよければ、エゾシマリスが朝ごはんを食べているシーンを見ることもできます。ナナカマドの実を口いっぱいにほおばる姿はなんとも愛らしいですね。

keimei
keimei

この時は朝ごはんに夢中だったのか、カメラを向けても逃げることなくモデルになっていただけました(笑)。

20分ほど歩くと姿見の池に到着。ここはちょっとした広場になっており、ベンチやテーブルが3セットほど用意されています。多くの人が訪れるので、譲り合いをしながら休憩しましょう。

keimei
keimei

右側に映っているのは「愛の鐘」と呼ばれるもの。かなり大きい音が鳴るみたいなので、鳴らすには気が引けます(汗)

姿見の池の他に、火山のダイナミックさを目の当たりにできる「噴気孔」や、旭岳や旭川盆地の雲海を望める「展望台」など見どころがたくさんあります。私が個人的に好きなのは、旭岳の看板があり、稜線がキレイに見える「第一展望台」ですが、2021年は工事のため閉鎖していました…残念!

写真を撮ったり、景色をながめたりしながら周回コースを約2時間かけてまわり、姿見駅に到着。それでもまだ9時前。日帰り温泉に行くのもよし、次の日に向けて早めに帰路につくのもよし。朝活をしている気分になりました。

旭岳周辺のおすすめホテル

旭岳ロープウェイの山麓駅付近には、ホテルが数軒立ち並んでいます。朝早くから登山や紅葉狩りに出かける人におすすめのホテルをご紹介!

湯元 湧駒荘

「湯元 湧駒荘(ゆこまんそう)」は、ロビーにある暖炉をはじめとした昭和レトロを感じられる温泉宿。浴槽の種類が豊富で、100%かけ流しの温泉を堪能できます。登山や旅の疲れを癒すのにピッタリ。

ラビスタ大雪山

ドーミーインホテルなどを手掛ける共立リゾート系列の「ラビスタ大雪山」。ロープウェイ山麓駅にほど近く、朝から登山や紅葉狩りに出かける人におすすめ。

能取湖の絶景をカメラに!あると便利なアイテム

北海道はどの絶景もそうですが、スケールが大きい!スマホのカメラだと画面に収まらないこともしばしば。また、もう少し拡大して撮影したい!なんてこともあるはず。そんな場合はこんな便利グッズがあると解決します。

7 in1 スマホ用カメラレンズセット

22倍の望遠レンズやマクロレンズ、広角レンズ、魚眼レンズのスマホ用レンズ4種類に加え、三脚や収納ケースなどもついたレンズセット。これがあれば、スマホでも一眼レフのような写真を撮影できてしまうスグレモノ。

さらに、広角レンズに加えて反射光を抑える写真を色鮮やかに見せるPLフィルタや、光の輝きを調節するスターフィルタなどもセットにした商品も販売されていますよ。

まとめ

このページでは、日本一早い紅葉を楽しむために紅葉シーズンの旭岳ロープウェイの調査結果ついてご紹介しました。

Point

 ・紅葉時期の服装は長袖、長ズボンに防風タイプの上着を用意!
 ・駐車場確保のために朝一で旭岳ロープウェイ山麓駅へ!
 ・ロープウェイの割引は基本的には無し!
 ・山麓駅、姿見駅ともに売店あり!山麓駅にはレストランも!
 ・姿見の池と旭岳のセットを見るならショートカットコースがおすすめ!

ニュースで大々的に報道されるので、紅葉の時期には毎年多くの人が訪れる旭岳。せっかく行ったのに渋滞に巻き込まれてしまった…なんてことにならないように、頑張って早起きしてみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました