PR

【さんま祭り2022】北海道根室市(水揚げ量日本一)で開催決定!

体験

根室でさんま祭りを毎年やっているみたいだけど、今年はやるのかしら?年々漁獲量が減っているから、開催できるのか心配…。

秋の味覚と言えば「秋刀魚(さんま)」をあげる人も多いのではないでしょうか。特に北海道はさんまの水揚げ量が多く、根室市の花咲港は令和3年度まで12年連続日本一を達成しています。

その根室市では、毎年秋になると「さんま祭り」を開催しており、多くの人でにぎわいます。ただし、最近は漁獲量の低下などの影響もあり、令和2年、令和3年と中止になっていました。

しかし、今年は10月9日に3年ぶりに実施するとの発表(根室市観光協会)がありました!

根室にほど近い所に住んでいる私が、根室さんま祭りの過去の様子や詳細の内容など、このページでどんどん発信していきます!

※追記 9月22日、開催時間が決定しました!例年は2日間ですが今年は短くなっているようです。

こんな人におすすめ

・根室さんま祭りに行ってみたい
・根室さんま祭りの内容を知りたい

根室さんま祭り(2022年)の概要

9月9日、根室市観光協会より根室さんま祭りを10月9日(日)に行うと発表がありました。詳細の発表はまだありませんが、例年は秋刀魚の炭火焼や秋刀魚の箱売り販売などを実施しています。

※追記 9月30日ポスターが完成。催し物の内容も少しづつ明らかになってきました。

Information

<根室さんま祭り>
●開催日:令和4年10月9日(日)
●開催時間:8:30~14:30(小雨決行)
●開催場所:根室港特設会場
●駐車場:無料(約500台)
●催し物:
・さんまの岸壁炉端焼きコーナー(無料配布は13:30まで)
・「浜の母さん」さんま料理の販売
・物産販売コーナー

根室さんま祭りの屋台や食べ物は何がある?

根室さんま祭りでは、メインとなるさんまを食べたり買ったりすることができるのですが、どんな形で食べられるのか、詳細をご紹介!

さんまの岸壁炉端焼きコーナー

このお祭りのメインとなる炉端焼きコーナー。会場に準備されている100メートルもある長い炉端の網の上に秋刀魚を乗せ、自らで焼いて食べるのですが、ちょっとしたルールがあります。

CHECK

【岸壁炉端焼きコーナーのルール】
①割りばしと発泡トレーを100円で購入
②さんまを無料でもらう ※長い行列となります
③用意されている炉端に腰掛け、さんまを焼く
④さんまを食べる
※以下②~④を繰り返し

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、例年通りなら

100円出せばさんまが食べ放題です。

近年、さんまの漁獲量が減っているので食べ放題になるかどうか不透明ですが、めちゃくちゃ太っ腹な祭りであることには間違いありません。

keimei
keimei

私も数年前にこのお祭りに行きましたが、さんまを3匹くらい食べて十分満たされました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました