PR

【知床第一ホテル】道民割でバイキング・温泉へ!プールや部屋も口コミ!

宿泊

知床第一ホテルに泊まりたいけど、バイキングや温泉はどんな雰囲気なんだろう?どうみん割を使いたいけど、どうすればいいのかな?

知床第一ホテルはウトロ地区の高台に位置し、夕日とバイキングの豊富さが有名な高級ホテル。このホテルを利用するツアーも多く組まれており、人気の高さをうかがえます。

特にバイキングは、和食・洋食・中華あわせて約80種類の料理を揃えており、季節によって料理を変えるほどの気合の入れようです。また、温泉の他にプールもホテル内にあり、ファミリーでも楽しめる大型ホテルとなっています。

keimei
keimei

2022年6月に、道民割(どうみん割)を活用して知床第一ホテルの東館に宿泊してきました!その様子を早速レポートします!

こんな人におすすめ

・どうみん割を使って知床第一ホテルに泊まりたい
・知床第一ホテルのバイキングや温泉、部屋等の様子が知りたい
・他の知床のホテル(北こぶし等)と比較したい

知床第一ホテルとはどんなホテル?館内図で紹介!

知床第一ホテルは全209室からなる大型リゾートホテルで、西館、至然館、東館という3つの建物によってグレードが分けられています。2022年4月に東館がリニューアルされ、さらに高級感が増した部屋となりました!

まずはホテルにチェックイン

上の写真が知床第一ホテルの玄関。玄関前にさしかかるとスタッフが近づいてきて、駐車場を案内してくれます。その際、同乗者や荷物はこの玄関前で降ろしていいとのこと。このあたりはスタッフの教育がしっかりされている感じがします。

玄関を入って左手にフロントがあり、ここでチェックイン。道民割を使って予約した私は、身分証明書とワクチン接種証明書(スマホアプリ)を提示し、割引対象であることを確認されました。

keimei
keimei

私はホテルの公式ホームページから道民割プランで予約しました。大手のオンライントラベル会社だと、楽天トラベルでクーポンを獲得すれば道民割価格で予約可能です。

keimei
keimei

道民割の場合、他にも同意書へのチェックなど手続きはいくつかありますが、それほど煩雑なものではありません。スタッフの方がてきぱきと進めてくれます。

ロビー奥にはウェルカムドリンクもあります。今日はしそジュースとほうじ茶でした。ここで一口飲んでほっと一息。

フロントの向かい側には、元新聞記者の山口氏から寄贈された本が集められた「山口文庫」があります。まるで図書館のようなスペースが広がります。

建物は東館・至然館・西館の3つ

建物は大きく分けて東館、至然館、西館の3つ。1階には売店や夕食バイキング会場(マルスコイ)、男性浴場などがあり、2階に朝食バイキング会場(マルスコイ)、女性浴場などがあります。

東館

東館は部屋のグレードが最も高く、高級感あふれる造りとなっています。ところどころが石造りとなっていて、細部にこだわりが見られます。リニューアルしたばかりなのでキレイ!

至然館

東館の次にグレードの高い至然館は、木のぬくもりを前面に出した構成。洋室の雰囲気より和室がイイ!という方はこちらを選ぶといいでしょう。

西館

最もリーズナブルな料金で宿泊できる西館。高級感のある東館や至然館と比較すると、床や扉からビジネスホテルのような感じを受けますが、価格重視であればここでも十分です。

1階に大きな売店あり!

1階ロビーから奥に進むと見えてくる売店「ジュレボ」。売店と聞くとこじんまりしたお店を想像しがちですが、売り場面積がめちゃくちゃ広い。

食べ物だけでなぐグッズや衣料品、おもちゃも販売しており、旅行の際に忘れ物をしてしまってもある程度現地調達できます。

カニやイクラなど海産物も扱っており、地方発送にも対応。空港のお土産売り場並みに充実。

夕方と朝ともに営業しており、チェックイン後でもチェックアウト前でも買い物可能です。ゆっくり買い物したいなら、チェックイン後のほうがいいかも。

リニューアルした東館のお部屋の様子は?

さてさて、それではお部屋に入ってみましょう。今回、2022年4月にリニューアルしたばかりの東館の洋室ツインの部屋に宿泊してみました。

玄関・部屋・机

広い玄関とオシャレな照明がお出迎え。

宿泊した洋室ツインは、広々とした空間の中にソファや机、空気清浄機を完備。テレビも大きくて見やすいです。

部屋の大きな窓から知床の海が一望できます。

お部屋に置いてあるお菓子やコーヒーも知床仕様。

流行りのワーケーションに対応するため、机と椅子、ディスプレイもあります。HDMIのケーブルが付属しており、ノートPCに接続すれば大画面で作業可能。

洗面台・シャワールーム・備品

洗面台は広く、大きな鏡で身だしなみをチェックできます。アメニティグッズでは小瓶に入ったシャンプーやボディソープが気になりました。(結局使わなかった…)

洗面台の向かいにはシャワールーム。大浴場のあるホテルでは、湯舟のない浴室が増えていますね。

部屋の備品でアイロンやアイロン台があるのには驚きました。仕事で長期滞在のことも考えてのことでしょうか。また、浴衣の大きさが4種類(特大、大、中、小)用意してあるのはさすが。

マルスコイの夕食バイキングの種類は約80品!

お次はお楽しみの夕食バイキング。1階のレストラン「マルスコイ」でいただきます。ちなみに朝食会場も「マルスコイ」ですが、2階の方になります。間違えている人がちらほらいたので注意しましょう。

このホテルのバイキングの自慢は、なんといっても種類の豊富さ。知床やオホーツクを中心とした食材を使ったメニューが約80品もあるとか。

Information

【知床第一ホテルの夕食バイキング】
 ・会場:1階マルスコイ
 ・時間:午後6時~午後8時(食券で入場時間指定あり)

北海道産ホタテや知床チキンを使った食材等を中心にチョイス。右側のお寿司は職人さんが目の前で握ってくれます♪

こちらは天ぷら、鮭節塩ラーメン、ローストビーフ。こちらの3つはいずれも料理人さんが目の前で作ってくれるもの。自家製ローストビーフはオススメです!

最後にデザート。上のロールケーキは「特製流氷ロール」。中のクリームが流氷をイメージした青色に。

keimei
keimei

ファミリー層を意識してか、バイキングにキッズコーナーもあり、お子様も十分楽しめます。会場がとにかく広く、料理の数が豊富過ぎてどれを選ぶか迷ってしまいますね~。

keimei
keimei

ここのバイキングは季節によってメニューが変わります。今回は8月31日までの夏限定メニュー。一押しメニューをすべて網羅したつもりでしたが、冷製ポタージュは食べてなかったな…。

露天風呂付きの温泉や子どもが楽しめるプールも!

バイキングの次に楽しみなのは温泉ですね~。ここのホテルの大浴場はとにかく広い!

大浴場にはサウナや露天風呂!

大浴場にはさまざまな湯船のほか、サウナや露天風呂もあります。洗い場も多く、団体客にも対応できる数です。

大浴場の営業時間は14時30分から翌朝9時30分まで。ちなみに男湯は1階ですが、女湯は2階です(1階にも入口あり)。

keimei
keimei

私が注目したのはロッカー。荷物だけでなくスリッパも入れることができます。これでスリッパを間違えることもなくなりますね。

keimei
keimei

事前予約制となりますが、家族だけで楽しめる「家族風呂」もありますよ。当日フロントで予約でき、1時間2,200円で利用可能です。

プールは地下にあり

子どもも楽しめるように、地下にはプールもあります。営業は正午から午後9時まで。

更衣室がプールのわきにあり、ここで着替えることができます。

大浴場に引けを取らない広さのプール。子どもが思い切り遊べそうです。

小さいウォータースライダーもあり、楽しませる工夫が見られますね。

朝食は眺めのいい2階で

一晩をゆっくり過ごしたら、一日の始まりの朝食へ。朝食バイキングの会場は1階ではなく2階の「マルスコイ」になります。海を眺めながら食べる朝食は最高ですよ~!

Information

【知床第一ホテルの朝食バイキング】
 ・会場:2階マルスコイ
 ・時間:午前6時45分~午前9時30分

海側の席は限りがあるので、開場直後でないと席の確保は難しいです。7時半~8時くらいになると混雑が落ち着くので、あえて遅く行くのもいいかも。

朝からイカの塩辛やマグロの漬けなど海鮮でお腹を満たしました。海鮮漬けをご飯にのせてお茶漬けにすることもできます。

左のフレンチトーストは目の前で焼いてくれるサービスあり。右のパンは札幌で有名な「morimoto」のパン。

keimei
keimei

ごはん・おかずももちろん美味しかったですが、パンのクオリティが高い印象でした。

keimei
keimei

シェントウジャンもあったらしいですが、気づかなかった…。それだけ種類が豊富ということですね。

知床第一ホテルのアクセス

知床第一ホテルは、斜里町のウトロ地区にあります。海沿いではなく、少し山側に入った高台に位置しています。

Information

●住所:〒099-4351 北海道斜里郡斜里町ウトロ香川306
●アクセス:
 斜里町市街地から車で約40分(国道334号線を東へ約37km)
 網走市街地から車で約1時間20分(国道391号線、334号線を東へ約75km)
 女満別空港からバスで約2時間10分(知床エアポートライナー)
●駐車場:無料
●チェックイン:15:00~
●チェックアウト:~10:00
●日帰り入浴:15:00~17:00(大人1,250円、小人800円)
●その他施設:コインランドリー、ゲームセンター、喫煙室、宴会場
●電話番号:0152-24-2334

keimei
keimei

札幌から知床の各ホテルまで都市間バス(イーグルライナー)も1日1往復走っています。これなら乗り換えなしで早朝にはホテルの目の前!各ホテルで朝風呂+朝食の日帰り入浴セットプランが用意されています♪

知床第一ホテル付近のその他のホテル

北こぶし知床ホテル&リゾート

こちらも知床を代表するホテルの「北こぶし知床ホテル&リゾート」。ウトロ漁港の目の前に位置するこのホテルは、部屋から大浴場・サウナから見えるオーシャンビューの景色が素晴らしい。

知床第一ホテルがファミリー層向けならば、こちらは夫婦やカップルで落ち着いて過ごしたい方に最適。

まとめ

このページでは、知床ウトロ地区にある高級ホテル「知床第一ホテル」を紹介しました。

Point

・泊まるなら海が見える部屋がオススメ!アメニティグッズも充実!
・バイキングの種類が豊富!子ども向けの料理も!
・大浴場やプールなど施設も充実!どちらかというとファミリー向け!

せっかく知床に泊まるなら、思い出に残る所に泊まりたいもの。知床第一ホテルは食事も施設も充実しているので、十分満足できると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました